コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフェーエット ラフェーエットLafayette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフェーエット
Lafayette

アメリカ合衆国インディアナ州中西部にある都市。インディアナポリスの北西約 101km,ウォバッシュ川に面する。1825年創設。フランスのマルキ・ド・ラ・ファイエットにちなんで名づけられた。穀物の集散地で,各種の工業も行なわれている。人口 5万6397(2000)。

ラフェーエット
Lafayette

アメリカ合衆国,ルイジアナ州中南部の都市。 18世紀の後半カナダのノバスコシア州の移民が入植。集約的農業地域で,経済はサトウキビ,米,綿花の生産に依存してきたが,第2次世界大戦後はルイジアナ州南部の石油・ガス産業の中心となった。フランス語が広く使用され,カトリック教徒が多い。サウスウェスタンルイジアナ大学 (1898創立) ,体育館などの文化施設がある。人口 12万623(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラフェーエットの関連キーワードパーデュー大学シーボーグブラウンポラックルイス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android