コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブラン ラブラン Laveran, (Charles Louis) Alphonse

4件 の用語解説(ラブランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブラン
ラブラン
Laveran, (Charles Louis) Alphonse

[生]1845.6.18. パリ
[没]1922.5.18. パリ
フランスの軍医で,寄生虫学者。 1867年ストラスブール医科大学を卒業。 70年普仏戦争に軍医として出陣。 74年から 78年までパリで軍医学を教え,アルジェリアに渡って,80年 11月6日赤血球内にマラリア原虫を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラブラン

フランスの医学者。ストラスブール大学卒。軍医としてアルジェリア駐屯中にマラリアを研究し,1880年マラリア原虫を発見。退役後,パスツール研究所員となり,マラリア原虫の発育と病理学を研究,1907年ノーベル生理医学賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ラブラン【Charles Louis Alphonse Laveran】

1845~1922) フランスの細菌学者・医者。1880年マラリアの病原体の原生動物を発見。熱帯伝染病の研究に従事。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラブラン
らぶらん
Charles Louis Alphonse Laveran
(1845―1922)

フランスの熱帯病学者。パリの生まれ。パリ大学とストラスブール大学で医学を学び、1867年に卒業、陸軍軍医となる。1874年陸軍軍医学校教官となり、1878~1883年にアルジェリアで勤務、この間1880年にマラリア原虫を発見した。1897年軍務を退き、パリのパスツール研究所に入り、マラリア以外の原生動物によっておこる疾患に関する研究を行った。1907年、「病気がおこる際の原生動物が演ずる役割についての研究」によりノーベル医学生理学賞を受けた。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラブランの関連キーワードエヌパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸ヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラブランの関連情報