コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプラス変換 Laplace transform

法則の辞典の解説

ラプラス変換【Laplace transform】

fx)が区間[0,∞)で定義された関数で,任意有限区間で積分可能な場合,複素数 p について

が存在するならば,これを fx)のラプラス積分という.関数 Fp)を fx)のラプラス変換という.&Lmathcal; {fx) }と表すこともある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラプラスへんかん【ラプラス変換 Laplace transform】

f(t)が区間(0,∞)で定義された関数であって,有限個の点を除いて連続であり,任意の有界な区間で有界変動であるとする。sを複素数として,積分,を考えると,次のような定数σが定まる。σ<∞のとき,半平面Res>σにおいて正則な関数,が定義される。この関数Ffのラプラス変換という。関数の対応fFもラプラス変換と呼ばれる。積分(1)が収束しても,積分,が収束するとは限らない。Resc(c>σ,c>0)において(2)が絶対収束するとき,F(s)からf(t)を求める反転公式,が成立する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラプラス変換
らぷらすへんかん
Laplace transformation

正の実数で定義された関数f(x)のラプラス変換は、s=σ+iωに対し、

で定義される。したがって、ラプラス変換はx≧0のときe-σxf(x)、x<0のとき恒等的に0になるような関数のフーリエ変換とも考えることができる。
 ラプラス変換の性質として、

などがあげられる。
 ラプラス変換はヘビサイドの演算子法の正当性を証明したものとして電気工学では広く使われ、f(x)と[f](s)の表がつくられている。その使い方を例で示す。

 を解け。
 ラプラス変換をとり、前記の性質(ii)を用いると

 より、

よって、この逆変換を求めればよい。[洲之内治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラプラス変換の関連キーワードランダウ(Edmund Landau)インパルス制御理論伝達特性複素数母関数区間有界積分

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android