コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミントン国立公園(読み)ラミントンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ラミントン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ラミントン国立公園】

Lamington National Park》オーストラリア、クイーンズランド州南東部にある国立公園。ゴールドコーストの西約80キロメートル、マクファーソン山地に位置する。1915年に指定。ナンキョクブナをはじめとするゴンドワナ大陸由来の植生が残る。1994年に「オーストラリアゴンドワナ多雨林群」の名称で世界遺産(自然遺産)に拡大登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産情報の解説

ラミントン国立公園

ラミントン国立公園はサーファーズパラダイスから車で約1時間、ゴールドコーストの内陸部に位置しています。標高1,000mという世界で最も高い位置にある貴重な亜熱帯雨林で、世界遺産にも指定されました。亜熱帯雨林の保護区としてはオーストラリア国内で最大のもので、2万ヘクタールに及んでいます。公園内には500以上の滝や景観の素晴らしいスポットが多く点在し、170種類の植物、38種類の動物が生息しています。そのほとんどはこの地域にしか生息しないものです。ゴールドコーストからのオプショナルツアーがあります。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android