コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムルー Charles Lamoureux

2件 の用語解説(ラムルーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラムルー【Charles Lamoureux】

1834‐99
フランスの指揮者。はじめバイオリン奏者で,パリ音楽院卒業(1854)後,オペラ座の楽員となった。富裕な婦人と結婚したのが日ごろの抱負の実現に幸いした。その実現の最も重要なものが,オペラコミック座,オペラ座の指揮者を歴任ののち1881年に彼の設立した〈新演奏協会Nouveau Concert〉である。これが97年に名をあらため〈ラムルー演奏協会(ラムルー管弦楽団Concert Lamoureux)〉となって,今日に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラムルー
らむるー
Charles Lamoureux
(1834―1899)

フランスの指揮者。パリ音楽院でバイオリンを学び、パリ・オペラ座のバイオリン奏者となる。のち指揮に転じ、パリ音楽院管弦楽団、パリ・オペラ座の指揮者を務めた。1881年ラムルー管弦楽団(当初の名称はヌーボー・コンセール)を組織、フランスの管弦楽曲の初演に力を注ぐとともにワーグナーの紹介を熱心に行い、19世紀後半のフランス楽界に大きく貢献した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラムルーの関連キーワード葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑周期表マニフェスト河上彦斎淡路焼巌谷一六

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムルーの関連情報