コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムルー Charles Lamoureux

2件 の用語解説(ラムルーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラムルー【Charles Lamoureux】

1834‐99
フランスの指揮者。はじめバイオリン奏者で,パリ音楽院卒業(1854)後,オペラ座の楽員となった。富裕な婦人と結婚したのが日ごろの抱負の実現に幸いした。その実現の最も重要なものが,オペラコミック座,オペラ座の指揮者を歴任ののち1881年に彼の設立した〈新演奏協会Nouveau Concert〉である。これが97年に名をあらため〈ラムルー演奏協会(ラムルー管弦楽団Concert Lamoureux)〉となって,今日に及んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラムルー
らむるー
Charles Lamoureux
(1834―1899)

フランスの指揮者。パリ音楽院でバイオリンを学び、パリ・オペラ座のバイオリン奏者となる。のち指揮に転じ、パリ音楽院管弦楽団、パリ・オペラ座の指揮者を務めた。1881年ラムルー管弦楽団(当初の名称はヌーボー・コンセール)を組織、フランスの管弦楽曲の初演に力を注ぐとともにワーグナーの紹介を熱心に行い、19世紀後半のフランス楽界に大きく貢献した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラムルーの関連キーワードコルトー指揮者ベームマルティノンローゼンストック指揮杖芽生えるマルケビチ佐渡裕ジュボエ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムルーの関連情報