コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリッチ Mihailo Lalić

1件 の用語解説(ラリッチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラリッチ【Mihailo Lalić】

1914‐1996
ユーゴスラビアの小説家。モンテネグロの生れ。祖国解放戦争に参加したが捕らえられて投獄される。ギリシア強制収容所を脱出,再び戦列に復帰した。戦後,党機関紙《ボルバ》の編集者を経て作家となり,一貫して戦争をテーマに独自の世界を構築する。長編小説《悪い夏》(1953),《追跡》(1960),敵兵におびえながら山野を彷徨するパルチザンの孤独を描いた《嘆きの山》(1962)が代表作である。【田中 一生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラリッチの言及

【ユーゴスラビア】より

…クロアチアが最も盛んで,郷土の農村風景や生活のエピソード,幻想や物語を油絵やガラス絵で描く。日本でも知られるラブジンIvan Rabuzin(1921- ),ゲネラリッチ,ラツコビッチIvan Lacković(1932- ),彼らの師匠格のヘゲドゥシッチKrsto Hegedušić(1901-75)に代表される。セルビアでは農民の彫刻がおもしろい。…

※「ラリッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラリッチの関連キーワードセルビアチトーモンテネグロユーゴスラビアセルビアモンテネグロアラビア糊ボスニア・ヘルツェゴヴィナブチコユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンド

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラリッチの関連情報