コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリッチ Mihailo Lalić

世界大百科事典 第2版の解説

ラリッチ【Mihailo Lalić】

1914‐1996
ユーゴスラビアの小説家。モンテネグロの生れ。祖国解放戦争に参加したが捕らえられて投獄される。ギリシアの強制収容所を脱出,再び戦列に復帰した。戦後,党機関紙《ボルバ》の編集者を経て作家となり,一貫して戦争をテーマに独自の世界を構築する。長編小説《悪い夏》(1953),《追跡》(1960),敵兵におびえながら山野を彷徨するパルチザンの孤独を描いた《嘆きの山》(1962)が代表作である。【田中 一生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラリッチの言及

【ユーゴスラビア】より

…クロアチアが最も盛んで,郷土の農村風景や生活のエピソード,幻想や物語を油絵やガラス絵で描く。日本でも知られるラブジンIvan Rabuzin(1921- ),ゲネラリッチ,ラツコビッチIvan Lacković(1932- ),彼らの師匠格のヘゲドゥシッチKrsto Hegedušić(1901-75)に代表される。セルビアでは農民の彫刻がおもしろい。…

※「ラリッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラリッチの関連キーワード足立智充鷲尾英彰小野雅美

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android