ラルフ・ハミルトン カーティス(英語表記)Ralph Hamilton Curtiss

20世紀西洋人名事典の解説


1880 - 1929
米国天文学者
学位論文で、ドップラー効果を利用して視線速度を詳細に計測する方法を論じた。ケフェウス型変光星研究着手。1907年ミシガン大学助教授、’18年同教授を歴任し’27年ミシガン大学デトロイト天文台の所長近接連星、ケフェウス型変光星、輝線スペクトルを持つ高温度星などについて集中的な観測を実施し、分光学的観測の分野業績を残す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android