コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランゲージ・ラボラトリー ランゲージ・ラボラトリーlanguage laboratory

翻訳|language laboratory

3件 の用語解説(ランゲージ・ラボラトリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランゲージ・ラボラトリー
ランゲージ・ラボラトリー
language laboratory

語学演習室,特にテープ式録音機による教材提示をイヤホンによって聴取しつつ発音練習する装置をもった語学学習用教室。 LLと略称される。1台のテープ式録音機,教師用マイクロホン,生徒用受話器を結んだ聴取による学習専用の簡易型から,各生徒用座席にテープ式録音機を備え,各自の発音を録音し,教材と比較し,自己修正を行いうるとともに,教師がこれを検聴し,教師-生徒の個別相互通話もできる型まで,さまざまのものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ランゲージ・ラボラトリー

LLとも。機器を用いる言語学習教室。一般に,個別にテープレコーダーを備えた学習者用ブースと教師用コンソールからなり,コンソールからは任意のブースまたは全部との連絡が可能。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランゲージ・ラボラトリー
らんげーじらぼらとりー
Language Laboratory

LL(エルエル)と略してよばれる。一般に、複数の学習者に対して、言語の聞くことと話すことを中心に、一斉にしかも個別的な学習を可能にさせるよう、主として音声メディアを総合的に組み合わせた語学の演習用システムである。語学ラボラトリーともいう。1990年代後半からランゲージ・ラボラトリーは、インタラクティブ(双方向性)を大きな特徴の一つとする、音声、映像、文字情報を総合化したマルチメディアの普及によって、いっそう高機能化されてきている。
 ランゲージ・ラボラトリーは、学習を高度に個別化することができ、学習者は自分で操作卓を操作しながら、能力に応じたプログラムを適当な速度で個別に学習できる。モデル発音と自分の発音をテープレコーダーなどに録音したものを再生したり映像を参照して比較することにより、即座にフィードバックもされるし、教師がモニターで聴取しながら学習者ひとりひとりにフィードバックすることもできる。ランゲージ・ラボラトリーは、その機能によって、A‐P型(聴取型)、A‐A型(聴話型)、A‐A‐C型(聴話録音比較型)などがある。
 なお、ランゲージ・ラボラトリーで用いられる言語の学習用映像音声教材には、次のような種類がみいだされる。(1)音声練習、(2)聴解練習、(3)読み方練習、(4)暗唱練習、(5)対話練習、(6)語彙(ごい)拡張練習、(7)文型練習、(8)口頭作文、(9)書き取り、(10)歌の練習、(11)以上のさまざまな組合せ、などである。
 また、ランゲージ・ラボラトリー教室は、マルチメディアと一体化したシステムとして、テレビ、VTR、ビデオディスクプレーヤーなどと統合化されたり、あるいはこれらが単体の機器としても備えられて高度化することが多い。そのため、言語技能の演習ばかりでなく、他の分野にも用いられる可能性がある。[篠原文陽児]
『高萩竜太郎編『機器利用の教育工学』(1972・大日本図書) ▽R・オレヒョフスキー著、乙政潤訳『ランゲージ・ラボラトリーの効果』(1974・南江堂) ▽『新 教育の事典』(1979・平凡社) ▽野津良夫編『視聴覚教育の新しい展開』第2版(1998・東信堂) ▽情報処理振興事業協会(IPA)編『Learning Web Project 学びのデジタル革命――21世紀の学びを拓く最先端の教育の情報化プロジェクト』(2000・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone