コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランディドノー Llandudno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランディドノー
Llandudno

イギリスウェールズ北西部,コンウィ北部の町。リバプールの西南西約 60kmにあり,アイリッシュ海に面する海浜保養地。19世紀半ばに鉄道が通じて以降,小漁村から急速に発展。夏季には多くの観光客でにぎわう。石灰岩の丘陵グレートオーム(207m)には,先史時代やローマ時代の遺跡が残っている。人口 2万701(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ランディドノー(Llandudno)

英国ウェールズ北西部、アイリッシュ海のスランドゥドゥノ湾に面する町。19世紀以降、海岸保養地として有名になった。「不思議の国のアリス」のモデルとなった少女アリス=リデルの家族が訪れた別荘(現在はホテル)がある。スランドゥドゥノ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android