ランドマーク(英語表記)landmark

翻訳|landmark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ランドマーク」の解説

ランドマーク
landmark

都市景観田園風景において目印象徴となる対象物。歴史的,文化的に価値のある建造物,記念物,町並み,領域境界を示す境界標などがある。アメリカ合衆国の建築家・都市計画学者ケビン・リンチ著書『都市のイメージ』The Image of the City(1960)のなかで,都市のイメージを構成する要素としてランドマーク,パス街路),エッジ(縁),ディストリクト(地区),ノード(結節点)の五つをあげ,都市の環境を評価するにあたって重要であると述べている。ヨーロッパやアメリカにおいては,ランドマークを保全する法律や団体がつくられ,登録制度(ナショナルレジスター,州レジスター)が普及している。日本では,2004年に制定された景観法において,ランドマークになりうる景観重要建造物の保全規定が設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ランドマーク」の解説

ランドマーク(landmark)

地上の目印。
その土地の目印や象徴になるような建造物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ランドマーク」の解説

ランド‐マーク

〘名〙 (landmark) その土地や景観の目印となる山や高層建築など、際立った特徴を持つもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android