コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージンの乱 ラージンのらん

1件 の用語解説(ラージンの乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラージンのらん【ラージンの乱】

1670‐71年に起きたロシア農民反乱。ドン川流域のコサック(約2万人)は,モスクワ国家の南部辺境への異民族の侵攻を防ぐ代りに,軍事物資,穀物を供与され,なかば自治的な状態にあった。黒海,カスピ海沿岸での彼らの略奪行為は黙認され,ドンからは都市や農村からの逃亡民も送還されなかった。だが17世紀半ばの農奴制の確立とポーランドスウェーデンとの戦争(1654‐67)のなかで,ドンへの逃亡民は急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラージンの乱の関連キーワードロシア遠征セポイの反乱黄巣呉広陳勝李自成Лобное местоロシアの恋人ジャックストローチャイコフスキー:ドゥムカ ハ短調-ロシアの農村風景-/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone