ラージンの乱(読み)ラージンのらん

世界大百科事典 第2版の解説

ラージンのらん【ラージンの乱】

1670‐71年に起きたロシア農民反乱。ドン川流域のコサック(約2万人)は,モスクワ国家の南部辺境への異民族の侵攻を防ぐ代りに,軍事物資,穀物を供与され,なかば自治的な状態にあった。黒海,カスピ海沿岸での彼らの略奪行為は黙認され,ドンからは都市や農村からの逃亡民も送還されなかった。だが17世紀半ばの農奴制の確立とポーランドスウェーデンとの戦争(1654‐67)のなかで,ドンへの逃亡民は急増した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android