コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーバナ ラーバナ Rāvaṇa

2件 の用語解説(ラーバナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーバナ
ラーバナ
Rāvaṇa

インドの大叙事詩ラーマーヤナ』に登場するランカー島の魔王。ラークシャサの首領とされている。 10の頭,20本の腕をもち,また4本の足をもつともいわれる。ブラフマー神に気に入られるよう1万年の苦行を行じ,1000年ごとに頭を1つずつ捧げ,10番目の頭を捧げようとしたとき神の恩恵にあずかり,不死身の力を与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラーバナ【Rāvaṇa】

インドの叙事詩《ラーマーヤナ》に登場する羅刹(ラークシャサ)の王。ブラフマー(梵天)の曾孫あるいは孫にあたり,富の神クベーラ(毘沙門天)の異母弟である。彼は苦行の結果,梵天の恩寵を受け,神々や鬼神に殺されない身体となり,兄クベーラから南海の都市ランカーを譲られたが,自己の力に慢心し乱暴狼藉の限りを尽くして数々の呪詛を受け,さらにラーマ王子の妻シーターを誘拐してランカーに幽閉したため,ラーマの攻撃をうけ殺される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラーバナの関連キーワードマハーバーラタラージャシェーカララーマーヤナ英雄叙事詩ロロジョングラン寺院サンティアゴ/はるかなる未来の叙事詩タピオラダセラカンバンラーム・チャリット・マーナス

ラーバナの関連情報