コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ファージ John La Farge

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・ファージ【John La Farge】

1835‐1910
アメリカの画家。フランス移民の子としてニューヨークで生まれる。1856年渡欧し,はじめバルビゾン派に,ついでラファエル前派に興味をもつ。帰国後,59年からニューポートでフランス印象派風の手法を試みる。このころ北斎を知り,70年に《日本美術論》を書く。70年代から壁画ステンドグラスの領域に移り,アメリカ・アーツ・アンド・クラフツ運動の中心的存在となる。86年来日し,帰国後,日光の風景に基づいてニューヨークの昇天教会の壁画(1887)を制作したほか,日本美術を消化した作品をのこす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラ・ファージの関連キーワードクリストファー ラ・ファージ3月31日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android