コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ファージ John La Farge

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・ファージ【John La Farge】

1835‐1910
アメリカの画家。フランス移民の子としてニューヨークで生まれる。1856年渡欧し,はじめバルビゾン派に,ついでラファエル前派に興味をもつ。帰国後,59年からニューポートでフランス印象派風の手法を試みる。このころ北斎を知り,70年に《日本美術論》を書く。70年代から壁画ステンドグラスの領域に移り,アメリカ・アーツ・アンド・クラフツ運動の中心的存在となる。86年来日し,帰国後,日光の風景に基づいてニューヨークの昇天教会の壁画(1887)を制作したほか,日本美術を消化した作品をのこす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラ・ファージの関連キーワードクリストファー ラ・ファージ3月31日

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android