コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リアウ州 リアウRiau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リアウ〔州〕
リアウ
Riau

インドネシアスマトラ島中央部のマラッカ海峡側を占める州。北と北西はスマトラウタラ州,東はマラッカ海峡,南はジャンビ州,西はスマトラバラット州に接する。マラッカ海峡にあるルパット島,ベンカリス島なども含む。州都プカンバルー。2002年リアウ諸島を含む南シナ海の島々が分離し,リアウ諸島州となった。スマトラ島東部は広大な低平地で,バリサン山脈に発する多くの川が流れ,沼沢地も多い。丘陵地にミナンカバウ族バタック族,沿岸部にマレー人ジャワ族などが住むほか,中国人など多様な民族構成を示す。農業が主産業で,米,トウモロコシ,キャッサバ,ダイズ,コプラなどを生産する。木材の伐採や漁業も行なわれる。プカンバルー付近のミナス油田をはじめ多くの油田があり,石油産業が大規模に行なわれ,北部の海岸沿いには石油精製所が立地する。整備された道路網はプカンバルーの後背地にかぎられているため,州内の交通手段はおもに川船に頼っている。プカンバルーには国際空港がある。面積 8万7024km2。人口 553万8367(2009推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リアウ州の関連キーワードバガンシアピアピアナンバス諸島リンガ[諸島]リアウ[諸島]ナトゥナ諸島リンガ諸島ビンタン島シンケプ島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android