コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスティング広告 りすてぃんぐこうこくlisting advertisement

4件 の用語解説(リスティング広告の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

リスティング広告

GoogleやYahoo!などが提供している検索エンジンにおいて、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果ページで表示するサービスのこと。ユーザーにとって、自分の関心と無関係に表示される従来の広告に比べ利用価値が高く、企業側にとっても高い広告効果が期待できる。おもな提供サービスに、Yahoo!に買収されたOverture社の「スポンサードサーチ」やGoogleの「AdWords」(アドワーズ)などがある。

(2013-2-6)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

リスティング‐こうこく〔‐クワウコク〕【リスティング広告】

検索連動型広告
インターネットを利用した広告の一。ウェブページの記事の内容に関連する商品やサービスの広告を、記事のタイトルリンクの形式でリスト状に表示するもの。有料リスティングサービス。ペイドリスティングサービス。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

リスティングこうこく【リスティング広告】

インターネットでユーザーが検索サイトを利用したり、あるサイトを閲覧したりするときに、検索の際に入力したキーワードや閲覧しているサイトの内容に連動した広告を画面に表示する広告手法。ユーザーが興味をもっている分野の広告を効果的に表示することができる。◇「検索連動型広告」「キーワード連動型広告」「キーワード連動広告」「キーワード広告」「キーワードターゲティング広告」「P4P」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リスティング広告
りすてぃんぐこうこく

インターネットにおいて、ユーザーの検索結果に適合した広告を表示するサービス。ヤフーが提供するYahoo!リスティング広告グーグルが提供するGoogle AdWords(アドワーズ)などがある。
 広告を出す側は、用意した広告ごとに関連するキーワードを設定する。ヤフーやグーグルなどのユーザーが検索エンジンを利用した結果に対して、それに近いキーワードをもつ広告(バナーやテキストの形式をとる)を掲出し、それを見たユーザーが、広告をクリックした場合にのみ広告主に料金が発生する仕組みとなっている。1クリック単位で広告料を支払うPPC(Pay Per Click)の一つである。検索結果の画面に広告が表示される検索連動型と、訪問先のウェブページに広告が表示されるコンテンツ連動型がある。クリック単価や広告費の上限を自ら決められるため、手軽に少ないリスクで始められる。そのため、企業だけでなく個人が利用するケースも多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リスティング広告の関連キーワードGoogle用語GoogleバズGoogle AppsGoogle Driveグーグルブック検索(和解問題)Google PixelビジネスファインダーGearsGoogle GearsGoogle Glass

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リスティング広告の関連情報