リゾート法(読み)リゾートほう

デジタル大辞泉の解説

リゾート‐ほう〔‐ハフ〕【リゾート法】

昭和62年(1987)6月に施行された総合保養地域整備法通称。国民の余暇活動の充実、地域振興、民間活力導入による内需拡大を目的とする。都道府県基本構想をまとめ、国が承認すると、税制面や資金面で優遇措置が得られるというものであったが、施設や計画の破綻(はたん)もあり、見直しが進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

リゾート法【リゾートほう】

正式名称は総合保養地域整備法(1987年)。ゆとりある国民生活の実現と地域振興を図るため,リゾート開発計画に対し民間事業者への減税地方自治体の起債許可などの措置をとる。指定地域の多くに国立公園地域や各種保安林,優良な既成農地などが含まれるため,自然保護運動の高まりを受け,見直しの気運が高まっている。また,事業化された施設2000余の大半が,バブル経済の崩壊もあって,赤字経営に陥っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リゾート法
りぞーとほう

正式名称は総合保養地域整備法。ゆとりある国民生活の実現、第三次産業を中心にした新たな地方振興策の展開、民活導入による内需拡大を目的に1987年6月に施行された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リゾート法の関連情報