コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リゾーム リゾーム rhizome

翻訳|rhizome

3件 の用語解説(リゾームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リゾーム
リゾーム
rhizome

G.ドゥルーズは,「永遠に同一的な」有機組織の典型をツリー tree (樹木) ,「生成する異質性」のモデルリゾーム (根茎) と呼び,人間の思考や国家などの社会組織の持つ,超越的「一者」=幹を中心とし,原則的に二項対立で進行するツリーを批判し,中心を持たず異質な線が交錯し合い,多様な流れが方向を変えて延びていく網状組織のリゾームの復権を呼びかけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リゾーム(〈フランス〉rhizome)

根茎。茎でありながら一見根のように見えるものの総称。竹・シダなどに見られる。
現代思想で、相互に関係のない異質なものが、階層的な上下関係ではなく、横断的な横の関係で結びつくさまを表す概念。幹・枝・葉といった秩序、階層的なものを象徴する樹木(ツリー)に対していう。フランスの哲学者ドゥルーズ精神科医ガタリが共著「千のプラトー」で展開した概念。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リゾーム【rhizome】

〔根茎の意〕
無数の網の目状態で広がる植物の根のイメージを借りて、現代の思想と文化の状態を特徴づけるドゥルーズとガタリの用語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リゾームの関連キーワードアブドゥル・アジーズトゥルーズグドゥルーグドゥルー宮殿スターシップ・トゥルーパーズ2友は永遠に誇りは永遠に魔法探偵社よ、永遠に!ミステリー・オブ・エドウィン・ドゥルードシャー・アブドゥル・アジーズ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リゾームの関連情報