コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リゾーム リゾームrhizome

翻訳|rhizome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リゾーム
rhizome

G.ドゥルーズは,「永遠に同一的な」有機組織の典型をツリー tree (樹木) ,「生成する異質性」のモデルリゾーム (根茎) と呼び,人間の思考や国家などの社会組織の持つ,超越的「一者」=幹を中心とし,原則的に二項対立で進行するツリーを批判し,中心を持たず異質な線が交錯し合い,多様な流れが方向を変えて延びていく網状組織のリゾームの復権を呼びかけた。こうして伝統的形而 (けいじ) 上学の認識論の問題を,人間の欲望への問題へと置き換え,客観的な認識という理想を捨てて,むしろ,社会の中における人間の欲望や現実意識の質を問おうとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リゾーム(〈フランス〉rhizome)

根茎。茎でありながら一見根のように見えるものの総称。竹・シダなどに見られる。
現代思想で、相互に関係のない異質なものが、階層的な上下関係ではなく、横断的な横の関係で結びつくさまを表す概念。幹・枝・葉といった秩序、階層的なものを象徴する樹木(ツリー)に対していう。フランスの哲学者ドゥルーズ精神科医ガタリが共著「千のプラトー」で展開した概念。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

リゾーム【rhizome】

〔根茎の意〕
無数の網の目状態で広がる植物の根のイメージを借りて、現代の思想と文化の状態を特徴づけるドゥルーズとガタリの用語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

リゾームの関連情報