リチャード ブローティガン(英語表記)Richard Brautigan

20世紀西洋人名事典の解説

リチャード ブローティガン
Richard Brautigan


1935.(1933.説あり) - 1984
米国の詩人,作家
ワシントン州タコマ市生まれ。
職業を転々とした後、1958年サンフランシスコに移住。’64年処女作「ビッグ・サーの南軍将軍」を発表。’67年現代アメリカの荒廃を詩的なイメージで幻想的に描いた「アメリカの鱒釣り」がヒッピー世代の若者の愛読書となり、作家としての地位を確立。作品は文明社会との絶縁をテーマにした、言葉の遊び、ブラック・ユーモア、幻想の世界への逃避が特徴。日本に関心が深く、しばしば来日。’84年猟銃で自殺。他の作品に「西瓜糖の日々」(’68年)、「ホークライン家の怪物」(’74年)、「東京モンタナ急行」(’80年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

リチャード ブローティガン

生年月日:1935年1月30日
アメリカの小説家
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android