コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッチモンドアポンテムズ Richmond upon Thames

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッチモンドアポンテムズ
Richmond upon Thames

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。外部ロンドンに属する区で,グレーターロンドンの南西部にあり,テムズ川の両岸にまたがる。おもにロンドンの郊外住宅地となっているが,テムズ川沿岸には小型船舶建造を含む工業が立地する。区内にはシカで有名なリッチモンド公園,ブッシー公園などの緑地や,ヘンリー8世が住んでいたハンプトンコート宮殿エリザベス1世らが使用したリッチモンド宮殿,ウィンザー公が生まれたホワイトロッジなど有名な建物が多い。北部のキューにある王立植物園(キューガーデン)は世界的に有名で,2003年世界遺産の文化遺産に登録された。面積 57km2。人口 17万2335(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リッチモンドアポンテムズの関連キーワードハンプトンコートパレスアウターロンドンサリー県