コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リテンション リテンション retention

翻訳|retention

3件 の用語解説(リテンションの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リテンション(retention)

保持。記憶。記憶力。
企業が既存の顧客を維持すること。自社の顧客に製品やサービスを継続して購入または利用してもらうこと。→アクイジション3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

リテンション

・retention
・企業にとって必要な人材を維持(確保)するための施策等を指す。
・近年、進んでいる人材の流動化において、企業が優秀な人材を企業内に留めるために、報酬やそれ以外の各種施策を講じることが必要な状況となってきている。特に、就業環境の成熟した日本において、金銭以外の、組織風土、働きやすい環境、個人のライフスタイルに合致した環境の提供等、個々人のライフスタイル、キャリア形成に資する仕組みの領域が求められつつある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

リテンション

優秀な人材を自社に確保しておくための施策。コア人材や将来重要な戦力となる若手社員の社外流出を防止する人事戦略として、経営者や人事担当者に、その取り組みが重視されています。
(2007/10/22掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リテンションの関連キーワードユーザー戦略ブランド人材派遣業都市施設とっこに取るに取って必要悪タスクライト合衆国憲法修正第2条PMO

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リテンションの関連情報