リバウド(読み)りばうど(英語表記)Rivaldo Vitor Borbosa Ferreira

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リバウド
りばうど
Rivaldo Vitor Borbosa Ferreira
(1972― )

ブラジルのプロサッカー選手。4月19日、ブラジルのレシフェ生まれ。ブラジルのパウリスタ、サンタクルス、モジミリン、コリンチャンスでプレーした後、1994年にパルメイラスでサンパウロ選手権と全国選手権に優勝し、注目を集めた。左足のテクニックは抜群で、意外性のあるボールコントロール、相手を眩惑(げんわく)するフェイント、強烈なミドルシュートなどが持ち味である。1996年にスペインリーグのデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍して活躍、さらに1997年にFCバルセロナ(スペイン)へ移籍した。1998年ワールドカップ・フランス大会ではブラジル代表の10番をつけてプレーしたが、決勝で地元のフランスに敗れた。1999年にはバルセロナをリーグ優勝へ導き、ブラジル代表でもコパ・アメリカ優勝に大きく貢献した。同年、ヨーロッパ最優秀選手賞(バロンドール)とFIFA(国際サッカー連盟)世界最優秀選手賞をダブル受賞した。2002年ワールドカップ韓国/日本大会では、ロナウドRonaldo Luiz Nazrio de Lima(1976― )、ロナウジーニョRonaldinho(1980― )とともに「3R」とよばれるアタックラインを形成、ブラジルを優勝へ導く中心的存在として活躍した。ワールドカップ終了後ACミラン(イタリア)に移籍。その後、2004年1月クルゼイロ(ブラジル)へ、同年7月にはオリンピアコス(ギリシア)へ移籍している。[西部謙司]

その後の動き

ブニョドコル(ウズベキスタン)、サンパウロFC(ブラジル)など数チームに在籍した後、2014年現役引退。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

リバウド

生年月日:1972年4月19日
ブラジルのサッカー選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

リバウド
Rivaldo

職業・肩書
サッカー選手(FW) モジミリン会長

国籍
ブラジル

生年月日
1972年4月19日

出生地
ペルナンブーコ州レシーフェ

本名
ボルバ・フェレイラ,リバウド・ビトル〈Borba Ferreira,Rivaldo Victor〉

受賞
バロンドール〔1999年〕,FIFA世界年間最優秀選手(第9回,1999年度)〔2000年〕

経歴
1992年ブラジルのモジミリン、’93〜94年コリンチャンス、’94〜95年パルメイラス、’95〜97年スペインのラコルーニャで実力を発揮し、’97年約32億円でバルセロナに移籍。’98年スペイン最優秀選手、’99年欧州最優秀選手(バロンドール)、2000年FIFA世界年間最優秀選手などの賞を総なめにする。2002年セリエAのACミランに移籍、欧州チャンピオンズリーグ制覇を経験するが、目立った活躍できないまま2003年12月退団。その後、ブラジルのクルゼイロ、2004年ギリシャのオリンピアコス、ウズベキスタンのブニョドコルなどでプレー。2011年1月クラブの会長を務める古巣モジミリンに加入、選手と会長の二足のわらじを履く。2015年7月には息子のリバウドJr.と一緒にマカエ戦に出場、親子でゴールを決めた。一方、1994年ブラジル代表デビュー。’96年アトランタ五輪に出場。’98年W杯フランス大会準優勝。’99年7月南米選手権で優勝、大会5得点を入れ、ロナウドとともに得点王に輝く。2002年W杯日韓共催大会ではロナウド、ロナウジーニョとともに“3R”の一角を担い、2位タイの5得点を挙げて優勝に貢献した。左利きの攻撃的MF。186センチ、75キロ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android