コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビンスク Rïbinsk/Рыбинск

デジタル大辞泉の解説

リビンスク(Rïbinsk/Рыбинск)

ロシア連邦西部、ヤロスラブリ州の都市。ボルガ川上流にあり、河港を有す。12世紀以前より漁村として知られ、16世紀頃から交易の要衝として発展。19世紀初頭、バルト海に通じる水路が建設されて交通の要地になり、ロシア革命後には工業都市となった。1941年には世界最大級の人造湖リビンスク人造湖が造られた。1946年から1957年まではシチェルバコフ、1984年から1989年まではアンドロポフと称した。ルイビンスク

ルイビンスク(Rïbinsk/Рыбинск)

リビンスク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リビンスクの関連キーワードヴィクトル アファナシエフヴィターリィ ルーベンボルガ=バルト水路ダルビン自然保護区ボルガ・バルト水路ヤロスラブリソビエト連邦チェレポベツキリレンコモロガ川

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android