コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リブアリア法典 リブアリアほうてん Lex Ribuaria

2件 の用語解説(リブアリア法典の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リブアリア法典
リブアリアほうてん
Lex Ribuaria

630年頃から 750年頃の間に成立したリブアリー系フランク族の法典。サリカ法典とともにフランク族の2大法典であるが,両フランク族法典は古典古代文化の影響をわずかしか受けておらず,ゲルマン固有法の伝統をよく保持している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リブアリア法典
りぶありあほうてん
Lex Ribuariaラテン語

フランク時代のゲルマン部族法の一つで、フランク部族リブアリ支族の慣習法であるが、その一部が成文化されたもの。サリカ法典の、のちにはブルグント法典の影響下に成立したとされるが、本文89章と追加勅令とからなり、ラテン語で書かれ、刑法的規定が大半を占める。法典の成立過程については種々の学説があり、またその時期についても異論があるが、6世紀前半から8世紀までの間に順次書き継がれたものといわれる。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリブアリア法典の言及

【ゲルマン部族法】より

…ついでフランク人の最古の法記録であるサリカ法典(507‐511成立)が,このブルグント部族法典かエウリック王法典を利用して起草された。7世紀に入ると,フランク法の強い影響下にリブアリア法典が制定される。これらの相互に関連する法典群の締めくくりが,643年発布のランゴバルドのロターリ王法典である。…

※「リブアリア法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リブアリア法典の関連キーワードアボメー箸が転んでもおかしい年頃睦びよちヴェーダ終り値ルプレヒト教会ベトシェアン蔵王紙サモス土

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone