コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リブロース rib roast

デジタル大辞泉の解説

リブ‐ロース(rib roast)

肋骨(ろっこつ)背部の霜降り牛肉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

リブロース

牛肉の背中の部分でサーロインより前寄りの部位。霜降りになりやすく,きめ細かくて柔らかい。筋も少なくて,ヒレやサーロインとともに最高級の牛肉とされ,ステーキローストビーフすき焼などにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

リブロース

牛肉の部位の名称の一つ。背側の肩ロースサーロインの間(第7胸椎から第10胸椎のあたり)の部分。厚みがあってやわらかく、さしが入りやすい部位であり、すき焼きローストビーフ・ステーキなどに用いる。◇「リブ(rib)」は「肋骨(ろっこつ)」の意。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

リブロース【rib roast】

牛肉のうち、左右の肩から背の中央の部位のもの。肉質は軟らかく、ステーキなどにする。リブ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のリブロースの言及

【牛肉】より

ウシ【森田 重広】
[調理]
 牛肉の肉質は部位によっても異なるので,それぞれの料理に合わせて肉を選ぶことが必要である。ヒレ(テンダーロイン),リブロース,サーロインはステーキやローストにするが,ステーキについては〈ビーフステーキ〉の項を参照されたい。ローストビーフは少なくとも1kg以上の牛肉の塊を用意し,天火でミディアム(内部に生の部分が残る程度)に焼いたものに,流れ出た肉汁の味をととのえたグレービとホースラディシュを添えて供するもので,これの冷製がコールドビーフである。…

※「リブロース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

リブロースの関連キーワードリブロースリン酸エピメラーゼリボースリン酸イソメラーゼ光合成(こうごうせい)カルビン=ベンソン回路ペントースリン酸経路カルヴィンサイクルホスホグリセリン酸リブロースリン酸カルボキシラーゼビーフステーキイソメラーゼカルビン回路リブステーキペントース炭酸同化葉緑体肉質中央左右

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リブロースの関連情報