コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウ苦土鉱(菱苦土鉱) りょうくどこう

1件 の用語解説(リョウ苦土鉱(菱苦土鉱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうくどこう【リョウ苦土鉱(菱苦土鉱)】

マグネサイトmagnesiteともいう。化学成分はMgCO3の鉱物で,Mgの一部は,しばしばFeと置換されている。六方晶系に属し,通常は塊状,粒状ないし緻密で土状をなす。結晶はまれであるが,ときに短柱状,菱面体状などを示すことがある。比重3.0~3.1,モース硬度3.5~4.5,へき開は{101}に完全,白色ないし灰白色,帯黄色,褐色で,透明ないし不透明。Feの置換量の増加に伴い屈折率および複屈折が増大する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リョウ苦土鉱(菱苦土鉱)の関連キーワード酸化マグネシウムマグネサイトマグネタイト硫酸マグネシウムマグネチック菱苦土石高マグネシウム血低マグネシウム血オフィマグネサイトバラミア岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone