リレハンメル・オリンピック冬季競技大会(読み)リレハンメル・オリンピックとうききょうぎたいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リレハンメル・オリンピック冬季競技大会
リレハンメル・オリンピックとうききょうぎたいかい

ノルウェーのリレハンメルで開催された,第17回オリンピック冬季競技大会。1994年2月12日から 27日まで行なわれ,67の国と地域から 1700人以上の選手が集まった。今大会から夏季と冬季のオリンピックは 2年ごとに交互に実施されることになった。ソビエト連邦を構成していた国々はそれぞれ独立国として参加し,アパルトヘイト政策を放棄した南アフリカ共和国は 34年ぶりに参加が許された。国際オリンピック委員会 IOCがアマチュア規定を変えプロの参加を認めたため,フィギュアスケートにはアメリカ合衆国のブライアン・ボイタノ,ドイツのカタリナ・ビットら多くのプロスケーターが参加した。女子スピードスケートでは,アメリカのボニー・ブレアが 2個の金メダルを獲得。男子は地元ノルウェーのヨハン・オラフ・コスが 1500m,5000m,1万mで世界新記録の 3冠に輝いた。ショートトラックスピードスケートでは,大韓民国(韓国)が 4種目で金メダルを獲得した。活躍著しかったイタリアの女子クロスカントリースキー選手,マヌエラ・ディチェンタは出場 5種目すべてでメダルを獲得,うち 2種目で金メダルを獲得した。日本からは男子 49人,女子 16人の選手が参加した。スキーのノルディック複合団体では阿部雅司,河野孝典,荻原健司の日本チームが 2連覇,個人でも河野が銀メダルを獲得した。ジャンプのラージヒル団体では原田雅彦,葛西紀明,岡部孝信,西片仁也の日本チームが銀メダルを,スピードスケートでは堀井学が男子 500mで、また山本宏美が女子 5000mで銅メダルを獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android