コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こす コス

デジタル大辞泉の解説

こす[助動]

[助動][こせ|○|こす|○|○|こせ(こそ)]《上代語》動詞の連用形に付く。他に対してあつらえ望む意を表す。…てほしい。
「我(あれ)ゆ後生まれむ人は我(あ)がごとく恋する道に会ひこすなゆめ」〈・二三七五〉
[補説]語源については、「おこ(遣)す」の音変化、カ変動詞「こ(来)」にサ変動詞「す」が付いたとみるなど、諸説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こす

( 助動 ) ( こせ ・○ ・こす ・○ ・○ ・こせ )
〔動詞「遣おこす」と同源か〕
動詞の連用形に付いて、他に対してあつらえ望む意を表す。 「霞立つ春日の里の梅の花山のあらしに散りこすなゆめ/万葉集 1437」 「ゆく蛍雲のうへまでいぬべくは秋風吹くと雁に告げこせ/伊勢 45」 〔命令形の「こせ」は平安時代になって見られる。なお、「うぐひすの待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ児がため/万葉集 845」などに見られる、上代の終助詞「こそ」を助動詞「こす」の命令形とみる説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こすの関連キーワードコーヒーフィルター裏ごし(裏漉し)長野県飯山市瑞穂こ(漉)し味噌十分杯・十分盃鰹出し/鰹出汁サンゴ海海盆通り過ぎるギアナ海盆擦り付ける紅茶漉し引っ越す秋の七日食べ残すもっこす凸凹野郎狡辛い絹漉し裏漉し小須戸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こすの関連情報