リヴァイアサン

  • Leviathan

デジタル大辞泉プラスの解説

《Leviathan》イギリス海軍の航空母艦。マジェスティック級航空母艦。1945年6月に進水するが、第二次世界大戦終結のため建造中止となる。以後、部品を利用するための保管艦となり、順次解体されて破棄された。
ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに登場するキャラクター、召喚獣。海にすむ竜。キャラクターとしての初登場は1988年の「ファイナルファンタジーII」。召喚獣としては、システムが開始された第3作目(1990年)以降ほとんどの作品に登場。リバイアサン、リヴァイアともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

イギリスの哲学者ホッブズの著作
個人の自然権(生存権)の行使から生じる「万人の万人に対する闘争」状態を避けるため,その権利は国家にゆだねられねばならない,と述べて絶対王政を肯定した。リヴァイアサンは『旧約聖書』の「ヨブ記」に出てくるお化けのような怪獣の名。ホッブズは巨大な力をもつ国家をこの怪獣にみたて,その力の根源を分析しようと試みた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リヴァイアサンの関連情報