コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーシャン(梨山) リーシャンLishan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーシャン(梨山)
リーシャン
Lishan

タイワン (台湾) 中部,タイチョン (台中) 県東部の集落。チョンヤン (中央) 山脈の山間にあって,標高 1945m。東西横断道路の中間地点で,イーラン (宜蘭) 市へ向かう道が分岐している。気温は夏でも 20℃以下で,冬には積雪をみる。高冷地農業が盛んで,リンゴ,アンズ,ナシなどが栽培され,特にナシが多く,地名の由来となっている。ホテルの設備が整い,避暑客,観光客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リーシャン(梨山)の関連キーワードチョンヤン(中央)山脈タイチョン(台中)県

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android