コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リースホールダー

2件 の用語解説(リースホールダーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

リースホールダー

英国において契約により一定期間,一定の現物ないしは貨幣の支払いを条件にして土地を借りる者。定期借地農。14世紀末以降,耕作が不可能になったり,放棄された土地を領主があらためて貸し出すかたちで生まれた。
→関連項目コピーホールダー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リースホールダー【leaseholder】

イギリスにおいて,契約により一定の期間,一定の現物給付または金銭の支払を条件として土地を借り受ける者。定期借地農と訳す。定期借地は,14世紀後半以降,領主が直接の経営をやめた直営地や黒死病などで農民が耕作を放棄した慣習的保有地を,領主が再貸付けする過程で成立した新しい土地保有の形態である。契約内容はそのときの状況で定まったが,17世紀には21年を借地期間とするものが多く,のち短期化する傾向にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone