コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーフデ De Liefde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーフデ
De Liefde

オランダ船。 1598年ロッテルダムの東方貿易会社から東洋貿易振興のため派遣された船団の1隻。 300t。マゼラン海峡を経て太平洋横断中に遭難し,慶長5 (1600) 年豊後臼杵湾の佐志生 (さしう) に漂着。生存者は船長クワケルナック,航海長 W.アダムズ (イギリス人) ,船員ヤン・ヨーステンら 24人であった。この報を聞いた徳川家康はアダムズを大坂に招いて来航の事情,世界の情勢などをたずねた。同船は関東へ回航中暴風雨にあって大破し浦賀で破棄された。船尾にあったエラスムスの像が今日まで伝わっている。同船の漂着はオランダ,イギリスの対日貿易開始のきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リーフデの関連キーワードJanJoostenVanLondensteyn安土桃山時代(年表)サントフォールトヤン・ヨーステン慶元イギリス書翰ヤン=ヨーステンヤンヨーステン黒島(大分県)クアケルナック千葉県佐倉市オランダ商館オランダ貿易臼杵(市)丸山 瓦全南蛮貿易三浦按針丸山瓦全松浦鎮信貨狄尊者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android