ルイス マルティン・サントス(英語表記)Luis Martín Snatos

20世紀西洋人名事典の解説

ルイス マルティン・サントス
Luis Martín Snatos


1924 - 1964
スペイン小説家
サラマンカ、マドリード両大学で医学を修め、精神科医として治療にあたる。その傍ら、小説を手がけ「沈黙の時」(1962年)によって一躍注目される。これは若い有望な医師が社会の犠牲となり身を持ち崩し、都会から逃避するまでの過程を描いたもので、当時のスペイン社会の病んでいる部分をえぐり出した作品として高く評価された。スペイン現代文学に新しい展望を開く作家として将来を嘱望されたが、交通事故で40歳でなくなる。死後未完の小説「破壊の時」(’73年)が発刊される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android