ルイ・ドゥ・ラ・バレ プサン(英語表記)Louis de La Vallée Poussin

20世紀西洋人名事典の解説


1869 - 1935
ベルギー梵語・仏教学者。
元・ゲント大学教授。
別名プサン・ドゥ・ラ・バレ。
パリでシルバン・レビらに師事した後、オランダライデン大学ケルンにインド文学を学ぶ。帰国後はゲント大学教授を務める。レビの初期の弟子としてベルギー、フランス仏教学の伝統を体現化し、仏教諸論書の文献学的原典研究に多大な業績を残し、彼の門下からはラモットが出た。又、赤沼智善、宮本正尊らの日本の仏教学者とも親交があった。「倶舎論」「成唯識論」などの漢語典籍のフランス語訳研究は今日でも古典的価値を持ち、世界の仏教研究の名著とされている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android