コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルジャンドル関数 ルジャンドルかんすうLegendre function

世界大百科事典 第2版の解説

ルジャンドルかんすう【ルジャンドル関数 Legendre function】

nを0または正の整数とするとき,2階の線形微分方程式,をルジャンドルの微分方程式といい,その解を一般にn次のルジャンドル関数という。また,mを正の整数とするとき,(1)を拡張して得られる常微分方程式,をルジャンドルの陪微分方程式といい,その解をルジャンドルの陪関数という(上の各微分方程式およびそれぞれの解となる関数は,nmを任意の複素数としても定義されているが,本項目では,nmは整数でn≧0,m>0として述べる)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ルジャンドル関数の関連キーワードルジャンドル特殊関数

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android