コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルチノース rutinose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルチノース
rutinose

L-ラムノースとD-グルコースから成る二糖類。ルチンの糖部分となっている。吸湿性白色粉末。 140℃で軟化融点 189~192℃ (分解) 。変旋光を示す。フェーリング液を還元する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ルチノース

 C12H22O10 (mw326.30).

 ルチンを酵素 (rhamnodiastase) で加水分解して得られる還元性を有する二糖.配糖体として植物界に広く分布する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ルチノースの関連キーワードケルセチン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android