コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルディアーナー

百科事典マイペディアの解説

ルディアーナー

インド北西部,パンジャーブ州のサトレジ川南岸に近い都市。小麦,綿花,羊毛の集散地肩掛ターバン,家具を特産。近年工業団地を中核として発展しつつある。農業大学(1962年創立)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルディアーナー【Ludhiānā】

インド北西部,パンジャーブ州中央部の工業都市。人口104万3000(1991)。1480年にローディー朝によって建設され,現名は当時の名ロディアーナーに由来する。メリヤス,ショール,ターバンなどの繊維工業が著名で,そのほか製油,製粉,自転車,ミシン,農業機械などの工業が立地する。インドの農業最先進地に位置し,小麦,米,油料作物などを集散する。パンジャーブ農業大学が所在し,同州の農業発展の原動力となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android