コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドルフ・フォン・エムス ルドルフ・フォン・エムスRudolf von Ems

2件 の用語解説(ルドルフ・フォン・エムスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルドルフ・フォン・エムス
ルドルフ・フォン・エムス
Rudolf von Ems

[生]1200頃.ホーエンエムス
[没]1254頃.イタリア
中世ドイツ叙事詩人。道徳的,宗教的なテーマを得意とした。作品に叙事詩『善人ゲルハルト』 Der guote Gêrhart (1225頃) ,聖徒物語『バルラームとヨーザファート』 Barlaam und Josaphat (30頃) ,恋愛物語『ウィレハルム・フォン・オルレンス』 Willehalm von Orlens (38頃) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルドルフ・フォン・エムス
るどるふふぉんえむす
Rudolf von Ems
(1200―54?)

ゴットフリート・フォン・シュトラスブルクの系譜に連なる中世叙事詩人。『アレクサンダー』の序章はドイツ語で書かれた最初の系統的詩論であり、『世界年代記』は『旧約聖書』の物語を初めてドイツ語の韻文で語った。インドの王子のキリスト教への改宗を扱った『バルラームとヨザファト』あるいは『善良なゲルハルト』などによって中世後期に影響を与えた。[谷口 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルドルフ・フォン・エムスの関連キーワードインド哲学デンマーク文学度量衡WikiLeaksUXGAWUXGA家庭内暴力梶原景季武田有義WUXGA

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone