ルノー[会社](読み)ルノー

百科事典マイペディアの解説

ルノー[会社]【ルノー】

フランス第1位の自動車企業。1898年ルノー工場創立。第2次大戦中の対独協力により戦後没収,国有化されたが,1996年に民営化した。現在でもフランス政府が15%の株式を保有する。乗用車を中心にバス,軍事用車両,トラクターなども生産。4CV型は戦後の一時期日本でも日野自動車が組立生産した。海外進出にも意欲的で,1999年3月,日産自動車との提携により,日産自動車株44%,日産ディーゼル株23%を取得,日産の再建に成果を上げた。しかし2008年の世界同時不況の打撃を受け,売上げは前年比日大幅減となった。2010年4月ルノー・日産グループは,ドイツのダイムラーと包括的な資本・業務提携を結んだことを発表した。本社ブーローニュ・ビヤンクール(パリ西郊)。2011年12月期売上高426億2800万ユーロ。
→関連項目日産ディーゼル工業[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android