コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラクター tractor

翻訳|tractor

百科事典マイペディアの解説

トラクター

トレーラー農業機械などの牽引(けんいん)や作業機の駆動をする特殊自動車プラウハロー等を牽引する農用トラクターや,スクレーパー,ルーターを牽引する建設用がある。
→関連項目トレンチャービートハーベスターヘーレーキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トラクター【tractor】

牽引(けんいん)車の意味で,作業機などを引っ張って各種の作業をする動力車のことである。現在では単に作業機を引っ張るだけでなく,動力取出装置を通じて作業機に回転力を伝え,作業機を駆動して複雑なしごとをさせる移動動力源としての意味が大きい。農業用,林業用,工業用,軍用などの区別があるが,数のうえでは農業用が中心である。 トラクターには車輪式のものと履帯式(キャタピラ式)のものがある。車輪式は道路でも走れ,しかも高速運転に適している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トラクター【tractor】

工業・農業などで、トレーラーや農耕機械類を引くための強力なエンジンを備えた作業用自動車。牽引車。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラクター
とらくたー
tractor

牽引(けんいん)車両のことをいう。農業用、建設用などがあるが、本項では、おもに農業用トラクターについて述べる。
 農業用トラクターは、作業機を装着して牽引したり、駆動しながら作業を行う。現在のような4輪トラクターは1917年にヘンリー・フォードによって製造され、その後、作業機を駆動するための動力取出し軸(PTO軸)、ディーゼル機関の搭載、空気タイヤの装着、作業機を取り付ける3点リンク機構が装備され、機構的、構造的に本格的なトラクターとなった。その性能・機能は、エンジンの防振対策、前方視野の改善、各種作業に適応するための多段変速化や自動変速機構、前後進の切替えのできるシャトル変速機構等の採用と、時代とともに向上している。
 日本では大正末期ごろに外国製のトラクターが導入されたが、北海道での開墾などに利用されただけであった。第二次世界大戦後、1950年(昭和25)ごろから歩行型トラクターが国産化され、急速に普及した。1960年ごろから、農業従事者の他産業への流出により、能率の高い乗用型の4輪トラクターの普及をみた。
 農業用トラクターの種類は、走行装置によって、車輪式(ホイール式トラクター)、装軌式(クローラー式トラクター。キャタピラー式ともいう)、半装軌式(セミクローラー式トラクター)に分けられる。車輪式は機動性に富み、もっとも普及している方式である。一般に歩行型トラクターは耕うん機とよばれ、乗用型トラクターがトラクターとよばれている。
 トラクターには後輪だけを駆動する2輪駆動トラクターと、前後輪とも駆動する4輪駆動トラクターとがあり、4輪駆動がもっとも多く使用されている。装軌式トラクターは、牽引出力が大きいこと、接地圧が低いことにより、深耕用プラウの作業や柔軟地での作業に利用されている。半装軌式トラクターは4輪駆動式トラクターの後輪部分をクローラーにしたもので、湿田等での走行性改善のために使用されている。
 特殊なトラクターには、重心位置が低く転倒しにくい傾斜用トラクター、トラクターとトラックの中間的構造をしたツールキャリアーなどがある。
 作業安全の面では、トラクターの転倒事故に際しオペレーターの死傷を防ぐ重要な手段として、安全キャブ(運転室)や安全フレームの装着がある。いずれもトラクターに適合した製品を選択し、装着することが重要である。安全キャブには転倒事故による死傷防止に加え、防音、防振、雨よけ、防寒、防暑、防塵等により、オペレーターの快適作業を可能にする効果もある。
 なお、農業用以外のトラクターには、建設用のブルドーザー、ホイールローダー等があり、特殊なものでは空港で航空機を牽引するトーイングトラクターなどもある。[八木 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトラクターの言及

【農業機械工業】より

…営農作業は整地耕耘(こううん)作業から,収穫調製作業などまで数段階に及ぶため,機械の種類が多い。用途別にみると,整地耕耘用機械(装輪式トラクター,動力耕耘機など),栽培用機械(田植機,野菜苗移植機など),管理用機械(噴霧機,散粉機など),収穫調製用機械(稲麦刈取機,刈払機,コンバイン,脱穀機,籾すり機,乾燥機など),飼料用機械(飼料さい断機など),穀物処理機械(精米麦機,製粉機械,製めん機など),製茶用機械などがある。日本の1997年の農業機械の生産額は6024億円で,そのうち装輪式トラクター(2194億円),動力耕耘機(318億円),田植機(532億円),コンバイン(1526億円)などの占める割合が高い(通産省〈生産動態統計〉による)。…

※「トラクター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラクターの関連キーワードコンストラクターズチャンピオンシップコピーコンストラクターミハイル ルコーニンスピードスプレーヤーキャタピラー[会社]ガーデントラクターハンドトラクターエム・テー・エスショベルローダーデストラクターカルチベーターフルトレーラーセミトレーラールプツォフスクマニュアローダボルゴグラードF1地上の夢キャタピラーグレーダー牽引自動車

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラクターの関連情報