コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ・スペイン戦争 アメリカスペインせんそう

2件 の用語解説(アメリカ・スペイン戦争の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アメリカ・スペイン戦争【アメリカスペインせんそう】

米西戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ・スペイン戦争
あめりかすぺいんせんそう

スペイン領キューバ独立戦争に、1898年アメリカ合衆国が介入してスペインを破り、植民地を奪った帝国主義戦争。1895年2月、キューバでホセ・マルティ指導の第二次独立戦争が始まり、革命軍は島の東半分を解放し、1897年秋革命政府を樹立、スペインは大軍を派遣して残虐な鎮圧作戦に訴え、長引く動乱のため島は荒廃した。一方、同じくスペイン領のフィリピンでも独立の機運が高まり、1896年8月独立革命が勃発(ぼっぱつ)、その後一時挫折(ざせつ)したものの1898年に入って再燃していた。アメリカは、キューバに約5000万ドルの投資と年間1億ドルを超える貿易の利害をもち、また、ラテンアメリカ市場と中米地峡運河地域へのルートを扼(やく)するカリブ海の要衝として、キューバに戦略的関心を抱いていた。キューバの動乱はこの利害を脅かし、またスペイン軍の残虐行為を憤り「自由キューバ」に同情するアメリカ世論は、革命軍を援助するよう望んでいた。これに対してマッキンリー政府は、革命軍を承認せず、スペインが自ら島の平和を回復することを期待しつつ事態を見守っていたが、1898年の初めこの望みが断たれるに及んで、アメリカの一方的介入による解決に向かった。同年2月に起こったデローメ事件とメイン号爆沈事件、それらを利用した「黄色新聞」の扇動と世論の激高、および経済界主流の戦争支持への転換などが政府の決意を固めさせた。こうして4月11日マッキンリー大統領は議会に開戦教書を送り、キューバ共和国を支援するためではなく、アメリカ自身の利益を守るために干渉する意図を明らかにした。議会は激論のすえ、平和回復後キューバを独立させるという条件付きでこれを承認、4月25日正式に宣戦が布告された。
 最初の戦闘は、フィリピン戦線でのデューイ提督麾下(きか)のアジア艦隊によるマニラ湾急襲とスペイン艦隊撃破であった(1898年5月1日)。デューイはその後アギナルドのフィリピン革命軍を利用してマニラを包囲し、のちに到着した地上軍が8月13日マニラに入城した。しかしアギナルド軍はマニラから排除され、マロロスへ退去した。一方、カリブ海戦線では、キューバのサンティアゴ攻略が主目標とされ6月末アメリカ陸軍1万6000がキューバ革命軍の援助のもとに上陸、海軍も、サンティアゴ港脱出を図ったスペイン艦隊を撃破した。最後にアメリカ軍と革命軍はサンティアゴを攻撃、7月16日陥落させたが、革命軍は降伏条約の調印参加を拒否された。こうして戦闘は4か月で終わって、8月12日休戦協定がなり、舞台はパリ講和会議に移った。フィリピンとキューバの代表を排除して12月10日にアメリカとスペインとの間で結ばれた講和条約は、スペインがキューバを放棄し、フィリピン、グアム、プエルト・リコをアメリカに割譲し、アメリカはスペインに2000万ドル支払うことを約した。この「すばらしい小戦争」(ジョン・ヘイ)の結果アメリカは、戦争中に併合したハワイをも含めて一大植民帝国を実現し、世界強国として帝国主義の道に乗り出した。しかしキューバとフィリピンの革命は、アメリカ軍政下で押しつぶされ、それぞれ保護国と植民地の運命をたどることになる。[高橋 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアメリカ・スペイン戦争の言及

【米西戦争】より

…1898年キューバとフィリピンを舞台にアメリカとスペインの間で戦われた戦争。アメリカ・スペイン戦争ともいう。アメリカはこれに勝利,カリブ海を制覇し西太平洋への根拠地を手にして世界帝国への道を決定的なものにする。…

※「アメリカ・スペイン戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone