コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルパン Arsène Lupin

百科事典マイペディアの解説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ルパン

東京都中央区銀座にあるショットバー。1928年、当時流行だった「カフェー」として創業菊池寛など文壇の名士が創業を支援したこともあり、川端康成藤田嗣治宇野重吉といった当時の文壇・画壇・演劇界を代表する人々が客として多く訪れた。1936年、カウンターバー形式に改装。戦時中は洋風の店名を禁止され「麺包亭(ぱんてい)」に改称。戦後、営業を再開すると、太宰治ら無頼派の作家をはじめ、文化人、経済界人などが常連として足を運び、文壇バーとして再び賑わうようになる。創業時の店主、高崎雪子は1995年に他界したが、店は営業を継続している。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ルパン【Arsène Lupin】

M =ルブランの推理小説で活躍する怪盗紳士。アルセーヌ=ルパン。リュパン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルパン
るぱん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のルパンの言及

【アルセーヌ・ルパン】より

…いくつもの顔を持ち,世間をあっと言わせるような鮮やかな手口の犯罪を重ねる一方,ときには名探偵として活躍し,しかも女性にはあくまでいんぎんな紳士である魅力的な人物。作者ルブランは最初《怪盗紳士アルセーヌ・ルパン》(1907)の主人公としてこの人物を創作し,以下《813》(1910),《水晶の栓》(1912)などの作品によって,世界的なベストセラー作家となった。ルパンは,ちょうどシャーロック・ホームズがイギリスを代表するように,フランス人の好みにぴったりの人物であり,フランス民衆が心に描く古き良き時代の夢だったと言える。…

※「ルパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルパンの関連キーワードLUPIN the Third ルブラン(Maurice Leblanc)強盗紳士アルセーヌ・ルパンルパン三世(第4シリーズ)カリオストロ伯爵夫人二つの微笑をもつ女仮面ライダールパンモーリス ルブランバール・イ・ヴァ荘カリオストロの復讐バーネット探偵社ルパン最後の事件名探偵が多すぎるオルヌカン城の謎アルセーヌルパン特捜斑ビクトール怪盗紳士ルパン強盗紳士ルパンルパンの大失敗ルパンの告白

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルパンの関連情報