コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野重吉 うのじゅうきち

6件 の用語解説(宇野重吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇野重吉
うのじゅうきち

[生]1914.9.27. 福井
[没]1988.1.9. 東京
俳優,演出家。本名寺尾信夫。日本大学芸術科中退。左翼劇場を経て 1934年新協劇団に参加,久保栄作『火山灰地』の朗読で認められる。第2次世界大戦中は瑞穂劇団で巡演活動を行い,48年に劇団民衆芸術劇場,50年に劇団民芸を創立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うの‐じゅうきち〔‐ヂユウキチ〕【宇野重吉】

[1914~1988]俳優・演出家。福井の生まれ。本名、寺尾信夫。新協劇団などに参加、第二次大戦後は劇団民芸を結成し、中心的指導者として活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇野重吉【うのじゅうきち】

俳優,演出家。本名寺尾信夫。福井県生れ。日大演劇科中退。戦前から左翼演劇の舞台に立ち,1947年滝沢修らと劇団民芸を創立,日本の新劇の一翼を担った。代表作は《火山灰地》《どん底《にんじん》木下順二オットー呼ばれる日本人》,S.ベケットゴドーを待ちながら》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野重吉 うの-じゅうきち

1914-1988 昭和時代の俳優,演出家。
大正3年9月27日生まれ。東京左翼劇場などをへて昭和9年新協劇団に参加,「火山灰地」「どん底」などでみとめられる。25年滝沢修らと劇団民芸を創立。代表的な舞台に「にんじん」「ゴドーを待ちながら」がある。「オットーと呼ばれる日本人」などで演出家としても活躍した。昭和63年1月9日死去。73歳。福井県出身。日大中退。本名は寺尾信夫。著作に「新劇・愉し哀し」など。
【格言など】役者の仕事は自虐の歴史だよ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うのじゅうきち【宇野重吉】

1914~1988) 俳優・演出家。本名,寺尾信夫。福井市生まれ。新協劇団などに拠り左翼演劇運動に参加。第二次大戦後,劇団民芸に創立時より参加,指導的立場に立つ。飄々ひようひようとした芸風で広く親しまれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇野重吉
うのじゅうきち
(1914―1988)

俳優、演出家。本名寺尾信夫。福井県生まれ。日本大学芸術科中退。1934年(昭和9)新協劇団に参加、『火山灰地』『どん底』などに出演。戦時中の新劇弾圧で投獄されたが、出所後瑞穂(みずほ)劇団を結成、活動中に終戦。47年(昭和22)に滝沢修(おさむ)らと民衆芸術劇場を結成、さらに解散後の50年に劇団民芸を設立、そのリーダーとなった。
 1959年『運命』で演出を担当、以後は劇団民芸の中心的な俳優、演出家として活躍。テレビ、映画の出演も多く、その緻密(ちみつ)な演出には定評があった。[水落 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇野重吉の言及

【劇団】より

…拠点劇場を持たない劇団がけいこ場を小劇場活動の拠点とした最初である。滝沢修(1906‐ ),宇野重吉(1914‐88)らの〈民芸〉(正称は〈劇団民芸〉)は,1947年に創立された〈民衆芸術劇場〉が発展的解消をとげ,50年に再建された劇団である。俳優座,文学座,民芸は〈三大新劇団〉といわれ,さらに山本安英(やすえ)(1902‐93)らの〈ぶどうの会〉,村山知義らの再建〈新協劇団〉,そして〈文化座〉の6劇団が戦前・戦中の流れをくむ劇団として戦後の再スタートを切った。…

【新劇】より

…これらの社会主義的リアリズムを標榜する新劇活動においては,村山知義,久保栄,三好十郎,久板(ひさいた)栄二郎らの政治意識に目ざめた劇作家群が出現した。また宇野重吉(1914‐88),小沢栄太郎(1909‐88),東野英治郎(1907‐94)らは〈新協・新築地時代〉にデビューした俳優たちである。 このようにして,戦前の日本の〈近代演劇=新劇〉においては,様式的には二つの方向,すなわち一方で心理主義的リアリズムが,また一方で社会主義的リアリズムが確立したのであった。…

【民芸】より

…正式名称は〈劇団民芸〉。1950年,〈民衆芸術劇場〉(1947創立)を解消・発展するかたちで,宇野重吉(1914‐88),滝沢修(1906‐ ),森雅之(1911‐73),岡倉士朗(1907‐59),北林谷栄(1911‐ )らによって創立された。久保栄,三好十郎,木下順二らの創作劇や,A.ミラー《セールスマンの死》,《アンネの日記》,イプセン《民衆の敵》,A.N.アルブーゾフ《イルクーツク物語》などの翻訳劇で地歩を固め,昭和20年代,30年代を通じ,新劇界の中枢的劇団として多くの人々に親しまれた。…

※「宇野重吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇野重吉の関連キーワード芥川比呂志滝沢修小沢栄太郎島耕二加藤嘉佐々木孝丸永井智雄永田靖中村俊一八田元夫

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇野重吉の関連情報