コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビコン[川] ルビコン

百科事典マイペディアの解説

ルビコン[川]【ルビコン】

イタリア北部,リミニ付近でアドリア海に注ぐ川の古代ローマにおける名称。現在のルビコーネ川(別名フィウミチノ川)と同一かどうかは議論が分かれる。イタリアとガリア・キサルピナとの境界で,軍隊がこの川を渡ってイタリアに入るときは武装を解く習わしであった。
→関連項目チザルピノ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルビコン[川]【Rubicon】

イタリア北部,リミニ付近でアドリア海に注ぐ川の古代ローマにおける名称。ルビコRubicoともいい,イタリア語ではルビコネRubicone。ローマ時代にイタリアと属州ガリア・キサルピナの境をなしていた。現在のルビコネ川(別名フィウミチノ川)と同一かどうかについては議論が分かれている。古代ローマでは,軍隊がこの川を渡ってイタリア側に入るときは武装を解かねばならないとされていた。前49年1月10日,属州ガリアの長官であったカエサルはその禁を破り〈賽(さい)は投げられたJacta alea esto〉の句を吐いて軍隊を率いて渡河し,ポンペイウスとの戦いに入ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルビコン[川]の言及

【カエサル】より


[内乱]
 前54年に,ポンペイウスに嫁した娘ユリアが死に,前53年クラッススが東方パルティア遠征で倒れると,いわゆる三頭政治は崩壊し,元老院の保守派と結んだポンペイウスとの関係も悪化する。特に前51年来,カエサルの召還,軍隊解散をめぐって,事態は険悪化の一途をたどり,前49年1月7日の元老院最終決議に対して,カエサルは,兵を率いたまま,〈賽(さい)は投げられた〉の言葉とともにガリアとイタリアの境のルビコン川を渡って,ポンペイウスを擁する元老院の保守派との内乱に突入した。首都に進撃し,イタリアを制圧したため,両コンスルおよび元老院議員の大多数はポンペイウスとともに東方に逃れた。…

※「ルビコン[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android