コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・センヌ Le Senne, René

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・センヌ
Le Senne, René

[生]1882.7.8. エルベフ
[没]1954.9.1. パリ
フランスの唯心論哲学者。 O.アムランに学び,1929~31年,42年以後ソルボンヌの道徳哲学講座を担当。 48年道徳政治学アカデミー会員。 L.ラベルとともに指導した哲学叢書の名によって「精神の哲学」の代表者とされる。人は一方で超越的,絶対的価値の世界を分有し,他方粗野な現実の世界に生き,障害にぶつかることによって価値を実現し,自己を創造していく。宗教は自我の限界をこえて絶対的価値と一致しようとするものであるとした。主著は『義務』 Le Devoir (1930) ,『一般道徳概論』 Traité de morale générale (30) ,『神の発見』 La Découverte de Dieu (55) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ル・センヌの関連キーワードジャンケレビチ7月8日人格主義アムラン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android