ルーマニア労働者党(読み)ルーマニアろうどうしゃとう

百科事典マイペディアの解説

ルーマニア労働者党【ルーマニアろうどうしゃとう】

1921年ルーマニア共産党として結成。第2次大戦中,対独抵抗運動で勢力を伸ばし,戦後民主民族戦線内閣に参加。1947年人民共和国樹立を指導。1948年社会民主党を併合して,ルーマニア労働者党と改称した。結成以来一貫して親ソ性が強かったが,1952年パウケルらを追い,1963年からゲオルギウ・デジらの指導下に独自の路線をとってきた。1965年,再びルーマニア共産党と改称,チャウシェスクが書記長に就任した。1989年12月,独裁に反対する国民の反乱で,党とチャウシェスク体制は崩壊した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android