ルーミス(英語表記)Loomis, Charles Price

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーミス
Loomis, Charles Price

[生]1905.10.26. コロラド,ブルームフィールド
[没]1995.7.6.
アメリカの農村社会学者。 1933年ハーバード大学で博士号を取得,44年以後ミシガン州立大学教授,人類学および社会学部部長。ゲマインシャフトゲゼルシャフトの概念を用いて農村社会の研究を行い,従来の実証的調査にかたよっていた農村研究の改革をはかろうとした。 J.ビーグルとの共著『農村社会体系』 The Rural Social Systems (1950) では,家族およびインフォーマル・グループ,地域集団,社会階層,宗教集団,教育集団,政治集団,職業集団,農村サービス機関などをそれぞれ社会体系として扱おうとしている。その他著書『農村社会学』 Rural Sociology (53,ビーグルと共著) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ルーミス Loomis, Henry

1839-1920 アメリカの宣教師。
1839年3月4日生まれ。明治5年(1872)来日。7年J.C.ヘボンと横浜第一長老公会(現指路教会)を設立し初代牧師となる。14年アメリカ聖書協会横浜支配人として再来日,伝道のかたわら賛美歌の翻訳にあたる。昆虫の研究で知られ,蝶のルーミスシジミを発見,また日本産柿の苗をアメリカに移植した。大正9年8月27日軽井沢で死去。81歳。ニューヨーク州出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android