ルーン(読み)るーん

図書館情報学用語辞典の解説

ルーン

1896-1964.ドイツのバルメン生まれ.20世紀中葉の情報学研究黎明期のパイオニアの一人.印刷業,繊維業を出発点にして工業関係の製品開発やコンサルティングに従事していたが,1941年に米国IBM社入社,1940年代後半以降,情報の機械検索の研究開発に携わった.1958年の国際科学情報会議で自動抄録の手法を発表したことで知られ,また,ユーザープロフィールに合った文献情報を自動配布するSDIや,テクスト全文からキーワードを文脈付きで自動的に切り出して排列するKWIC索引などの新しい手法を開発した.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android