コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイモン7世 レイモンななせいRaymond VII, Comte de Toulouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイモン7世
レイモンななせい
Raymond VII, Comte de Toulouse

[生]1197.7. ボーケール
[没]1249.9.27. ミロー
中世初期から続いた南フランス最大の君侯ツールーズ伯家最後の伯 (在位 1222~49) 。アルビジョア十字軍の過程で所領の大半を失った父レイモン6世とともに,陣容を立直して抵抗を続け旧領大部分を奪回した。 1222年父の急死後,ツールーズ伯を継いだ。 26年異端のカタリ派弾圧に失敗し,破門を受けた。次いでフランス王ルイ8世の攻撃を受けて苦境に立ち,29年パリ和約で公式に異端幇助の罪を痛悔して旧領の大部分を一代限り領有することを認められた。彼の死後,所領は娘ジャンヌの夫となった国王ルイ9世の弟アルフォンス・ド・ポアティエに帰した。夫婦の死後,所領はフランス王領となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レイモン7世の関連キーワードツールーズ(伯家)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android