コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイモン7世(読み)レイモンななせい(英語表記)Raymond VII, Comte de Toulouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイモン7世
レイモンななせい
Raymond VII, Comte de Toulouse

[生]1197.7. ボーケール
[没]1249.9.27. ミロー
中世初期から続いた南フランス最大の君侯ツールーズ伯家最後の伯 (在位 1222~49) 。アルビジョア十字軍の過程で所領の大半を失った父レイモン6世とともに,陣容を立直して抵抗を続け旧領大部分を奪回した。 1222年父の急死後,ツールーズ伯を継いだ。 26年異端のカタリ派弾圧に失敗し,破門を受けた。次いでフランス王ルイ8世の攻撃を受けて苦境に立ち,29年パリ和約で公式に異端幇助の罪を痛悔して旧領の大部分を一代限り領有することを認められた。彼の死後,所領は娘ジャンヌの夫となった国王ルイ9世の弟アルフォンス・ド・ポアティエに帰した。夫婦の死後,所領はフランス王領となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android