コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチルベン スチルベン stilbene

翻訳|stilbene

3件 の用語解説(スチルベンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スチルベン
スチルベン
stilbene

C6H5CH=CHC6H5 で表わされる化合物。 (1) トランス形 無色結晶,融点 124℃。 (2) シス形 イソスチルベンともいう。融点5~6℃。スチルベンの誘導体のなかには,繊維製品のケイ光増白剤として利用されるものや発情作用,抗かび作用,抗マラリア作用などを示すものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スチルベン【stilbene】

1,2‐ジフェニルエチレンに相当する炭化水素。(E)‐体(トランス体)と(Z)‐体(シス体)の2種類の異性体がある。かつては(Z)‐体をイソスチルベンと呼んだ。(Z)‐体は(E)‐体にくらべて不安定である。(E)‐体は,融点124.5~124.8℃,沸点306~307℃の無色の結晶。水に不溶,ベンゼンエーテルに易溶。最も簡便な合成法は,ジオキサン中での四塩化チタンと亜鉛によるベンズアルデヒドの還元的二量化である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スチルベン
すちるべん
stilbene

芳香族炭化水素の一つ。化学式C6H5CH=CHC6H5 分子量180.3。1,2-ジフェニルエチレン、トルイレンともいう。シス(Z)体(融点5~6℃、沸点は水銀柱13ミリメートルで145℃)、トランス(E)体(融点124.5~124.8℃、沸点は306~307℃)の2種類の異性体が存在し、前者は不安定形でイソスチルベンともよばれる。トランス体はベンゾインのクレメンゼン還元(亜鉛と塩酸)で合成される。シス体はα(アルファ)-フェニルケイ皮酸のクロム酸‐銅による脱炭酸で生成する。スチルベンのシス‐トランス異性化はオレフィン化合物の幾何異性体間の異性化の代表例である()。熱的変換法によれば安定なトランス体が生成するが、光照射による変換法を用いれば不安定なシス体が9倍も多く生成する。光増感反応によってもシス体が得られるが、生成比は増感剤の種類により異なる。スチルベンの二重結合には臭素、水素が容易に付加する。光照射すると閉環をおこし、フェナントレンを与える反応もある。スチルベン染料とは、スチルベンを部分構造として含む染料をいう。[向井利夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチルベンの関連キーワードジフェニルスチレン塩化エチレンフェニルフェネチルアミン臭化フェニルマグネシウム1,2-ジフェニルエタンジフェニルアセチレン1,2-ジフェニルエチレンフェニルエチレン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone