コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルビジョア十字軍 アルビジョアじゅうじぐん Croisade des Albigeois

4件 の用語解説(アルビジョア十字軍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルビジョア十字軍
アルビジョアじゅうじぐん
Croisade des Albigeois

アルビジョア派 (→アルビ派 ) の異端討伐のため,ローマ教皇インノケンチウス3世の呼びかけで組織された十字軍 (1209~29) 。アルビジョア派マニ教の流れをくみ,善 (神,霊魂) ,悪 (悪魔,肉体) の2原理,2創造主の存在を信じ,不殺生,菜食主義私有財産と結婚の否定など厳格な戒律をもった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルビジョア十字軍【アルビジョアじゅうじぐん】

1208年教皇インノケンティウス3世の命を受けたフランス国王軍が興したアルビジョアAlbigeois派異端討伐戦。アルビジョア派とはフランス南部アルビAlbiを中心としたカタリ派の地方的呼称。
→関連項目インノケンティウス[3世]十字軍フィリップ[2世]ラングドック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アルビジョアじゅうじぐん【アルビジョア十字軍】

13世紀初頭アルビジョアAlbigeois派異端討伐のため,フランス南部トゥールーズ伯領に進攻した十字軍。戦乱はオック語による南仏文芸を壊滅させたが,カペー王権の南部進出をもたらし,フランス統一の大きな里程標となった。この異端への対抗伝道からドミニコ会が誕生し,また渦中で新設された異端審問は長くヨーロッパに猛威を振るった。アルビジョア派とは,カタリ派異端の地方的呼称である。1145年聖ベルナールの巡回以来,ドミニコ会の登場まで教会の異端対策はシトー会が指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルビジョア十字軍
あるびじょあじゅうじぐん
Croisade albigeoise

南フランスのアルビジョア派(カタリ派)に対して、ローマ教皇の指令に基づいて、シモンド・モンフォールを中心に北フランス諸侯によって組織された十字軍(1209~1229)。ローヌ川以西の南フランスに多かったカタリ派が「アルビジョア派」とよばれるようになるのは十字軍の過程においてであって、アルビAlbi地方にとくに異端が多かったわけではない。むしろ異端の活動はベジエカルカソンヌ、そしてトゥールーズなどで活発であった。1198年、インノケンティウス3世は教皇位につくとともに異端対策を強化し、シトー派の伝道団を派遣したが、南フランスのカタリ派がトゥールーズ伯レイモン6世をはじめ大小貴族や都市の有力市民層に支持されたため、ほとんど実効はあがらなかった。そのうえ、1208年1月、教皇特使ピエール・ド・カステルノーがアルルに近いローヌ河畔でレイモン6世の家臣に殺害されるという事件が起こり、これがきっかけとなって、翌1209年6月、教皇により、いわゆるアルビジョア十字軍が宣布された。以来約20年間、シモンのもとに編成され、そしてトゥールーズに再起したアルビジョア派の襲撃によってシモンが死去(1217)したのち、その子アモーリに率いられた十字軍は、南フランスの各地に転戦し、おびただしい血が流された。
 1226年、フィリップ2世以来機の熟するのを待っていたフランス王ルイ8世Louis (在位1223~1226)がアモーリの権利を引き継ぎ、カペー家が十字軍の主体となってから、戦局はにわかに好転した。1229年、ルイ9世がトゥールーズ伯レイモン7世と結んだパリ和約により、南フランスの王領化の基礎が置かれた。しかし、十字軍の終結後もカタリ派の活動はやまず、1233年、教皇グレゴリウス9世Gregorius (在位1227~1241)はトゥールーズ大学開設を公許するとともに、教皇直属の、異端審問の特設法廷を設置し、その任をドミニコ修道会に託した。[井上泰男]
『渡邊昌美著『異端者の群れ』(1969・新人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルビジョア十字軍の言及

【カペー朝】より

…ルイ7世の子フィリップ2世(尊厳王,在位1180‐1223)は,フランス領に関するかぎり,いかなる君主もカペー家の家臣であるとし,家臣としての誠実義務違反を根拠として〈奪封宣言〉という挙に出た。こうして彼はノルマンディー,アンジュー,メーヌ,ポアトゥーの諸地方をジョン欠地王から奪還し,さらにアルビジョア十字軍をおこして,南フランスの王領化と南北フランスの統一を促進した。彼は都市コミューンに対しても積極政策をとり,プランタジネット家やフランドル伯など王権に敵対的な諸侯領の都市に王権を浸透させることにより,ブービーヌの戦(1214)を有利に導いた。…

【カルカソンヌ】より

…その後400年トゥールーズ伯支配下の伯爵領,子爵領として栄えた。13世紀異端者懲罰を目的としたアルビジョア十字軍(1208‐14)によってフランス王家とトゥールーズ伯との争いの舞台となり,1247年フランス王家に属した。 町は二つの部分から構成される。…

【ラングドック】より

…この十字軍は,ベジエ,アルビなど都市全体を挙げての抵抗にあって苦戦し,29年までの20年間を費やして,ようやく異端運動を鎮圧した。城壁化された教会に拠ったアルビ市の籠城戦にちなんで,アルビジョア派,アルビジョア十字軍とも呼ばれる。アルビジョア十字軍は,キリスト教異端の騒動鎮圧にあたったが,実際にはカペー王朝をはじめとする北フランス諸侯による南フランス征圧戦という性格を強くもっている。…

※「アルビジョア十字軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルビジョア十字軍の関連キーワードアルビジョア派プチブルジョアアルビジョワ十字軍アルビジョワ派オプレナツデュアルビジョンフェジョアーダダブル・ビジョンユニボール ビジョンエリートジョアンナのヴィジョン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone